川崎市パラアート推進公募型事業 音を絵にしてみよう!子どもたち&障がい児の為のジャズでアートチャレンジ教室

2019年2月2日(土)開催の、
平成30年度 パラアート推進公募型事業「音を絵にしてみよう!子どもたち&障がい児の為のジャズでアートチャレンジ教室」は、たくさんの方にご参加、ご来場頂きました。
ありがとうございました。
そして、読売新聞(2019/02/03 朝刊)に掲載されました。




平成30年度 パラアート推進公募型事業
「音を絵にしてみよう!子どもたち&障がい児の為のジャズでアートチャレンジ教室」

<開催日時> 2019年2月2日(土)
12:30開場 / 13:00開演・開講 / 15:30終演・終講予定

<開催場所> 川崎市宮前市民館 1階 大会議室 (川崎市宮前区宮前平2-20-4)
※東急田園都市線「宮前平駅」下車 徒歩10分 公共交通機関をご利用の上ご来場ください。
※当日の様子を取材(写真撮影、インタビュー等)し、報道関係や川崎市等の広報に利用する場合があります。取材不可の方は、お申し出ください。

[対象・定員] 川崎市在住の子どもたち&障がい児(成人も参加可)40名(保護者付添可) [参加費・受講料]無料
★アートチャレンジ教室のデコピン先生指導による受講の定員は40名(応募者多数の場合は抽選)です。
★抽選に外れても受講以外でフリースタイルでアートチャレンジが出来るお絵描きコーナーも設置します。
★ジャズの生演奏の鑑賞とお絵描きコーナーは時間内でご自由にご参加&お楽しみください。

障がいのある人もない人も垣根を越えた笑顔での交流と心の開放を目指します!

音を絵にしてみよう!ジャズの生演奏を聴いて絵を描こう!
子どもはみんなアーティスト。「音」を感じるままに、ペットボトルへのペインティングやタイダイ染めのちぎり絵ワークにチャレンジ!

アート講師は、日本&世界で活躍の大人気イラストデザイナー、デコピンa.k.a. BOCKY(SWITCH BOMB)氏!

ジャズの生演奏は、アイルランド/ニューパーク音楽大学卒業の若きギタリスト 源内氏参加の「Zunguka共和国」!

[アートチャレンジ教室の対象・定員] 川崎市在住の子どもたち&障がい児(成人も参加可)40名(保護者付添可)
[参加費・受講料] 無料
[申込方法]応募締め切り1/25(金)必着!※応募者多数の場合は抽選になります。
※メール、FAXで、「2/2 アートチャレンジ教室申込み」と記載の上で、住所・氏名・学校名・学年(もしくは団体名等)・お電話番号を明記してお送りください。
メールアドレス:info@picka.jp (@を@に変えてお送りください)FAX:044-852-8854
お電話の場合は、TEL : 044-930-7078(平日11時~16時) 090-3223-2739(担当:岩永携帯)で受付致します。


★★★こちら ↓ をクリックしたら、PDFデータがご覧頂けます★★★
2019川崎パラアートA4フライヤー